勝間和代さんと考える自宅の“かくれ資産”とは? #俺たちのメルカリ ブロガーズミートアップに参加してきました!

CureReの想い

こんにちは、自宅の聖域なき片づけが、なかなかすすまないCureRe スタッフの岡田です。
だからこそ誰かひとり、手伝ってほしいというその気持ちに寄り添えます。

昨日、メルカリと、ネタフルブログのコグレマサトさんの

「勝間和代さんと考える”自宅のかくれ資産”とは?俺たちのメルカリブロガーミートアップ」

参加しました。

40代50代は年々かくれ資産が増えていきます。かくいう私も、もう読んでいない本や趣味のものが増殖し続けています。勝間さんは、紙の本ではなく、電子書籍を購入し、kindle端末の読み上げ機能をフル活用して、本を読まれているとのお話でした。ですが、私たちは、本といえばペーパー、荷物を軽量化するのに持ち運びやすい本といえば文庫本を指す世代です。

軽くて小さとはいえ、文庫本も本は本。物理的にたまっていきます。昔のCDも、デジタル化すれば手放せるのではないかなと思いつつ、まだ、段ボールにぎっしり詰めておいてあります。そんな大量にため込んだものを手放すために、メルカリをもっと自在に活用しなければ。

 

 

40代男性が増やしがちなかくれ資産

 

服飾雑貨
書籍・CD・ゲーム類
家具・家電
ホビー・レジャー用品

なるほど、男性は40代を境に、コレクターや趣味の世界にハマる人が急増します。
若いころに好きだったことを再度始めるタイミングなのかもしれませんね。

 

 

かくれ資産家の特徴は、ネットショッパーであり、色違いで同じ商品を買う人が多く新品で購入します。生活スタイルについては、収集癖やため込む性格、インドア派でもあるそうです。

 

一方、若年(10~30代)のかくれ資産家予備軍は、流行に敏感、好奇心旺盛で多趣味、SNS好きという傾向があるようです。こういう傾向の人たちが40代になってくると、どんどんモノが増えていきそうですね。

 

 

ご自身がかくれ資産家かどうかを判別出来るサイトもありますよ。

かくれ資産診断サイト

あなたの家にあるかくれ資産はいくら?|みんなのかくれ資産
金融・不動産に続く第3の資産“かくれ資産”はあなたの家にもきっと眠っています。平成最後の大掃除にむけてご自宅のかくれ資産を発掘・活用してみませんか?

 

モノが増える背景には、忙しさと思考停止があります。
後で整理して片付けよう、これ必要なんだっけ?考えるのめんどくさいな。
かく言う私も、なかなかのものぐさモードが入ってきています。

メルカリでは、古いものより最近のもののほうがよく売れますし、売る方も思い入れがあまりないので、出品しやすいですよね。愛着があるものは、時間が経てば経つほど処分しにくくなっていきます。イベント会場では、コレクターとして手放したくないものや、大切なものは取っておけばいいので、もう必要ないものから仕分けをして処分することを考えましょう、とのアドバイスがありました。

 

会場では、さっそくメルカリにチャレンジしてみましょう!ということで、梱包のお試しコーナーや、梱包グッズのお土産もありました。

 

詳しい解説の本なども配られましたよ。

 

これらの話を聞いて、参加者の皆さんは、実際にチャレンジしてみよう!、うちにもかくれ資産がある!とどよめいていました。

もし、実際にチャレンジしてみて、やはり忙しくて時間がない、あまりにも処分するモノが多く、大量のモノを目の前にしただけでクラクラと立ちくらみがする、そんな場合は、ぜひCureReにお任せくださいね。

 

経済評論家 勝間和代さんの2018年のおすすめガジェット5選!

 

今回のイベント前半の目玉トークは、経済評論家 勝間和代さんの2018年のおすすめガジェット5選!

勝間さんは、ガジェットフリークで、様々な新製品を試されるアラフォー女性代表。そんな勝間さんが、とことんマニアックに、今年買ってよかった家電を発表されました。

 

1位 山のようなアンドロイドタブレット

ほんと、家の中は、アンドロイドタブレットの山、だそうです。2年も経つと型落ちになってしまうのでどんどん買い替えるとのこと。Wi-Fi回線にもすごくこだわっていらっしゃいます。

2位 パナソニックホームベーカリー(SD-MDX100-W)

こちらのホームベーカリーは、お店で売っているほとんどの種類のパンが自由自在に焼けて、週に5回は使われているそう。なんと、パン屋さんには行かないんですって!

ホームベーカリーは、いいものを買った方がよいとのことです。

 

 

3位 Oculus Go

Oculus Goとは、一体型VRヘッドセットのことです。PCやスマートフォンなどに接続せず、低価格で高品質なVR体験を実現できるデバイスとして注目が集まっています。

こちらは、ネットフリックスの視聴に、バーチャル空間でのゲームプレイにと大活用だそう。旅先にも持っていかれているとか。ボードゲーム「カタン」を4人でバーチャル対戦するときには、4人ともこのヘッドセットをつけてプレイしているんですよね。想像すると、なかなかすごい光景です。

映画などもこれを使って視聴すると、臨場感がすごいそうです。欲しくなってきます。

 

 

 

4位 シャープ超音波ウォッシャー

超音波ウォッシャーとは、超音波の力で衣類についたシミなど手軽に部分洗い出来るアイテムです。これを使うようになってから、白い服を着ることが怖くなくなったそう。

勝間さんの私物で、使用回数10回程度の衣類をその場でメルカリに出品するという試みがあり、なんとその場で即売れてしまいました!

「クリーニング代が1回1200円として、5~6回クリーニングに出すと考えれば十分に元がとれますよ!」とお勧めされていました。

 

 

5位 Amazon Fire 8 タブレット

こちらは、アンドロイドタブレットとは別で、kindleの読み上げ機能のみをつかっていらっしゃるとのことです。8,000円代とお手頃価格なので、勝間さんのご自宅の各部屋には2台ずつ置いてあるそうですよ。ちなみに、kindle読み上げ時に使っているイヤフォンは、カスタムイニモニで、ご自身の耳に合わせてカスタムされてるそう。だから、イヤフォンだけは、メルカリで売れないんですって。

 

 

 

こういうお話を聞くと、欲しいものが増えていって困りますね。とはいえ、モノを増やすのではなく、かくれ資産を上手に見つけて、リアル資産に替えていくことを考えていきましょう!

 

CureReでは、メルカリ講座も行っています。

メルカリの画面でも充分にナビゲーションがありますが、中野のKindle本も参考に、ぜひチャレンジされてください!

ご連絡・お問い合わせ

 

お問い合せフォーム

 

コメント