お盆休みに実家でお手伝い〜アルカリウォッシュで簡単に〜

ハウスキーピング
実家の戸棚

こんにちは、CureRe代表の中野です。 ただいま実家に帰省中です。 帰省のとき、お風呂の順番待ちの間に一汗かきながら、お手伝いはいかがですか? 私も同じ都内でも日頃なかなか帰れないので、高齢の母親が目の行き届かないところがいろいろ目についたので、お風呂の前に一汗かいてみました。親孝行に、ご先祖孝行、一石三鳥になるかな、という気持ちを込めて。

オキシクリーンをジップロックに入れて、お風呂掃除を水遊びがてら娘に任せようと持ってきました!

しかし先に来ていた姉が、同じく気になっていたようで、終わらせていました。一緒に各種クレンザーも買いに行っていたそうです。結局、用途別洗剤よりも、シンプルな重曹やクエン酸、セスキソーダが使いまわせます。粉末で充分ですよ!ドラッグストアでのお買い物のついでにぜひお掃除グッズもカゴに入れて。いくつもの用途別の洗剤を使い分けるよりも1つあると、便利ですよ!

洗濯槽が気になって…

続いて気になったの洗濯槽でした。

予想通り、私もそうだったのですが、母は洗濯機を買ってから1度も洗濯槽洗浄をしたことがありませんでした。これはたくさんカビがついているはずとオキシクリーンを投入。

3回目、画像はかなり明るくしてありますが実際はまだまだ黒ずんでいて、汚れが出ています。半日くらい漬けたほうがよく取れます。

すると、予想通り洗濯機の中にある水抜きの穴から大量のカビが出てきました。何度も最大水量で洗浄→放置をしてカビを浮かばせます。洗濯槽洗浄モードが付いている場合はそちらを使ったりしてみてください。フィルターに入ったねっとりとしたゴミたちを出して、また救わせます。この写真は何度も繰り返してまだマシになった方ですが、最後まだ黒ずみがあるので念入りにやっているところです。オキシクリーンを最初使っていたのですが、持ってきた分が足りなくなったので、実家にあったアルカリウォッシュを使っています。通常重曹等は水では溶けないことが多く、お湯を足すのですが、幸い今は夏なので水が温いのですぐに溶けます。

続いて驚いたのはキッチン

アルカリウォッシュを溶かした水を、キッチンペーパーパック

続いて驚いたのはキッチンです。平成13年にリフォーム済みで、それからたまにクレンザーを使う程度でキッチンの壁をノーケアだったようです。

こちらもセスキ炭酸ソーダであるアルカリウォッシュで解決しました。溶かしたものを水に浸したキッチンペーパーをパックにしてべたべたと壁に貼りしばらく置くと、

油汚れがどんどん浮かんできました。ここまでくればしめたものです。あまりゴシゴシしなくてもつるりと油汚れが落ちました。

浮かんできています

これをつるりととると

このようになりました。

ゴムのところは少々諦めなければいけませんが、タイルのところなら大丈夫です。うき出てくるように、キッチンペーパーに汚れが移るように取れます。乾いたペーパーで仕上げればなお良しです。

おみぐるしくすみませんが、こんなにねっとりと油汚れがついていました

こうすることで同じく油にまみれていた、お気に入りの飾りのタイルもきれいになりました。こちらは中性洗剤も少し使いました。

仕上がりはこちらです。

ピカピカ

だいぶきれいになったのかお分かりになりましたでしょうか。親や子供たちがテレビを見て談話している間に、少しの間でできますので、是非やってみてくださいね。これだけの効果があるので、手荒れの心配はあります。できるだけ短い時間に仕上げるようにするか、触ったらすぐに手を洗う、ゴム手袋を使うなど気をつけてくださいね。また、キッチンの素材にも合うかどうか、念のため注意書きを見て使用するようにしてください。

ご実家を綺麗にしたあとは、いい汗をかき、ビールやお風呂も気持ちよくいただけますよ!

皆様、親孝行しつつ楽しみつつ、よい夏休みをお過ごし下さい。

コメント